地球環境に優しいメガソーラー事業|安定した収入の確保

ゆとりある老後のために

マンション

マンションを経営することは大変魅力的です。そのため、最近は若い世代で独身の人もマンションを購入して、その部屋を第三者に貸すことで毎月安定した収入を手にしている人は多くいます。

マンション経営することは、沢山の魅力があります。先ほどのチラッと言いましたが、安定した収入が継続的に入ってくることはとても魅力的です。日本は高齢化社会になっています。職場を定年退職した60歳からも生活をしていかなくてはいけません。自分で収入を得たいと考えている人が増えてきています。自分の好きなことをやって、夫婦二人でゆとりのある老後生活を送りたい人は、ある程度の収入が必要です。夫婦二人でゆとりのある生活をするためには、35万円以上必要です。しかし、国民年金の全国平均は約13万円で、厚生年金の場合でも全国平均は約23万円となっています。10万円以上も足りません。そのため、定年後にマンション経営をする人が多いのです。マンション経営をすることでゆとりのある老後が実現します。

また、マンション経営をすることは、生命保険の代わりにもなります。60歳を超えるといろいろな病気になったり、体が痛くなったりします。何が起こるかわかりません。しかし、マンション経営を起こっている場合は、万が一のことが起きても借入残高は保険で全額返済することが出来ます。残された家族は、マンション経営を続けて安定した収入を得ても良いでしょう。また、人気のエリアで土地の価値が急上昇したら、マンションを売却しても良いでしょう。どちらにしても家族は路頭に迷うことなく、安心して生活することが出来ます。